一日の始まり

 09/08/31 今朝も0時前に眼が覚めそのまま布団から起き出てパソコンに向かう。

 いつものようにメールのチェックなどをし布団に横になっていたらまた寝てしまった。

 1時半ごろ再び眼が覚めまた布団から起き出てパソコンに向かう。

 外から雨音が聞こえてきた。

 その雨音もだんだんと強くなってきた。

 台風の影響。

 

 台風第11(クロヴァン)

平成2108310145分発表

 <3101時の実況>

大きさ

強さ

存在地域八丈島の南南東 約110km

中心位置北緯 3210(32.2)

東経 14010(140.2)

進行方向、速さ北西 15km/h(7kt)

中心気圧 980hPa

中心付近の最大風速 30m/s(55kt)

最大瞬間風速 40m/s(80kt)

25m/s以上の暴風域全域 60km(30NM)

15m/s以上の強風域北東側 330km(180NM)

南西側 220km(120NM)

?

<3102時の推定>

大きさ

強さ

存在地域八丈島の南南東 約90km

中心位置北緯 3220(32.3)

東経 14005(140.1)

進行方向、速さ北西 15km/h(7kt)

中心気圧 980hPa

中心付近の最大風速 30m/s(55kt)

最大瞬間風速 40m/s(80kt)

25m/s以上の暴風域全域 60km(30NM)

15m/s以上の強風域北東側 330km(180NM)

南西側 220km(120NM)

?

 台風が近づいてきたようだ。

?

 今朝は静かな朝。

 半そででは肌寒い感じ。

 昨日の夜は窓を閉め掛け布団をかけ寝られるくらい夜になって寒い?・・涼しくなった。

 布団をかけ寝られるくらいが気持ちよく寝られる。

?

 昨日の朝は長男が部屋にやってきて落ち着いて日記も書き込みできなかった。

 今朝はいつものように何度もキーボードを打ち直し書き込む。

 

 昨日の長男は妄想的な話でいつも以上会話にならなかった。

 「俺の身体は弱くなった26歳ではない子供だ・・・」と弱弱しく話しをしていた。

 何とも返事のしようがなく「そんなことはない」と言うような事を話すとますます余計に話し始めていた。

 たぶんだから「もう退院しても」と言うような事ではないかと思った。

 「毎週外泊をしても大丈夫」と言う様に何度もアピールを・・。

 「毎週はほかの患者さんとのこともあるからだめだと看護師さんが言っていた」と話すのだが理解してくれない・・。

 

 11時ごろ部屋に誰かが入ってきた見ると次男だった。

 「お父ちゃん車勝ったぞ」と言いながら・・。

 またうそだと思ったが「なに・・このおなかが悪いんだな・・」「このおなかが車を買いたいと言っているんだな」と私の布団に横になった次男のおなかを触って言う。

 「障害者でも二千万円かしてくれるところがある」「ただし一級の障害者に」と言うのでネットで調べたが検索にひっかからない。

 「ないぞ」と言うと「おかしいな」と言って自分で調べていた。

 「アパートに帰るとわかるんだがな・・お気に入りにいれてある」「お父ちゃんアパートにいこう」と言うので「行かない」と。

 

 お昼の時間に近づいたので下へ降り台所へ・・。

 次男が「逃げるのか・・」と言って後を追うように・・。

 台所でラーメンをゆでつけ麺でたべていると妻が「お前の分はないぞ」と次男に言った。

 そのまま帰れともいかないのでしょうがないと思い私のつけ麺を少しあげた。

 私が部屋に戻っていると次男もまたやって来た。

 そのうち私の布団に寝てしまった。

 寝ていないのか・・。

 次男が寝ている間に長男が来て何かしら話していたがそれでも次男は寝言?寝息をたて寝ていた。

 15時近く次男を起こす。

 「15時だぞアルバイトに行く準備を・・」と言うと「今日は行かない・・車買ってくれないと・・」と。

 まるで子供が駄々をこねるように・・。

 それでも何度か身体を起こすと「そうだ名札取れるんだ」と言って起き始めた。

 初心者マークの名札が今月いっぱいではずせると店長・・オーナーに言われたらしい。

 起き出した次男は部屋を出て行った。

 やがて次男の愛車コペンのエンジンの音が聞こえ走り去っていった。

 

 15時半近く。

 長男を連れ妻と三人で精神病院へ連れ戻った。

 日中と様子が違い車の中で「今週は外出だね」「来週の土曜日は外泊だね」と走る車の中で言っていた。

 なんなの・・家にいるときは「毎週外泊」と泣きそうな顔で話していたのに・・・。

?

 さっきより雨音が静かになってきた。

?

 今日の次男は17時からのアルバイト。

 明日は精神科に通院。

 久しぶりに私と・・退院した後アルバイトが決まるまで私と一緒に通院していた。

 私の通院している病院とは違う・・・。

?

 今パソコンの時計は3時14分。

 コーヒータイム・・・。

一日の始まり

 09/08/30 今朝も0時前に眼が覚めてしまいそのまま布団から起き出る。

 いつものようにパソコンに向かいメールのチェックなどをしていると一階から物音・・・?足音が聞こえて来る。

 長男がまだ寝ていないのだろう。

 一時間ほどたってトイレに用を足しに。

 トイレを出ると居間が明るい・・長男が電気をつけたのだろう。

 部屋に戻りまたパソコンに向かっているとあくびが・・眠気がしてきたので布団に横になると一階の台所から「バタバタ・・」と音が・・今度は愛犬が身体がかゆくてか後ろ足で身体をかいているのだろう。

 ちょうど今の時期毛が抜けてくる時期のようで昨日私が身体をかいてあげたら気持ちよさそうにしていた。

 いつのまにかうとうととして夢心地で寝てしまった。

 3時過ぎにまた布団から起き出てパソコンに向かい日記を書き込み始める。

 ・・・と部屋の戸が開いた・・長男が部屋にやって来た。

 「まだ早いから寝ていなさい」というと「何時ならいいの?」と聞き返された「病院ではいつも6時ごろ起きるんだろう」と言うと今度は「6時までおなかがすいて待てないから5時にして」と言うので「5時なわかった5時」と言うと部屋を出て行った。

 寝ていないのじゃないか・・・。

?

 昨日は10時前に精神病院へ外泊のため長男を向かえに妻といつもの土曜日と同じに出かけた。

 病院へついて長男を連れ家に戻った。

 途中スーパーで買い物をしてから。

 家に戻り早めのお昼を食べお昼寝をしようと思ったがあくびも出て眠いのだが寝られなかった。

 そのうち長男が部屋に「タバコ頂戴」といつものように言いながら部屋にやって来た。

 タバコをあげると吸いはじめ・・吸い終わると部屋を出て行った。

 30分ほどたってまた長男が「タバコ頂戴」と。

 自分のタバコもあるのだが・・・。

 「まだ早いさっき吸ったばかりだろう」と言うと「わかった」と言って部屋を出て行った。

 それからも何度となく来て「タバコ頂戴」と・・は良いのだが・・「お母さんが○○いずみだった」とまたいつものように妄想?幻想?・・。

 妻を亡くなったZARDの坂井和泉と・・・。

 何度となく聞かされ・・・。

 私のことも「いつのまにかじいーになった」とか言い出した・・。

 夜夕食を食べいつものように妻に足をさすってもらう。

 横になっている私のそばに愛犬がふせをしていたので愛犬の身体をさすってあげたら気持ちよさそうにしていた。

 お返しのはなをぺろぺろと二度なめてきた。

?

 昨日は次男は一度も家に来ることなく電話もなかった。

 珍しい?・・。

?

 今日は次男はアルバイト。

 長男は病院へ戻る日。

?

 コーヒータイム・・今パソコンの時計は3時41分。