知的障害を理由とした不妊手術強制で女性が国を初提訴 障害者の生きる意味とは

今回、宮城で訴えを起こした女性は、1歳の時に受けた麻酔治療の影響で重度の知的障害が残ったという。15歳の時に「遺伝性精神薄弱」を理由に不妊手術を受け、30歳前に手術が ... 元施設職員の植松聖被告は、「障害者は不幸をつくる」「重度障害者は安楽死させるべき」などと供述し、優生思想との関連が話題になった。

障害者の雇用拡大を 経済団体に要請(秋田県)

障害者を全く雇用していない企業も161社と4分の1近くありました。こうした中、新年度からは新たに精神障害者も対象となり、法定雇用率は2パーセントから2.2パーセントに引き上げられ、企業側には、これまで以上の対応が求められます。加えて、定着=職場で長く働ける環境作りもポイントで、行政の後押しと企業側の姿勢 ...