一日の始まり 5月26日

 今朝は・・・ぱっと目が覚め1時・・2時。

 布団から起き出しパソコンに向かい・・・眠気が・・・。

 睡魔に襲われうつらうつらとしながらまた寝て・・・。

 4時ごろ再びうつらうつらの世界から目を覚まし布団から置き出す。

 今日の一杯目のコーヒーを入れに部屋から階段を松葉杖で一歩一歩・・一段一段と。

 洗面所で歯磨き・・今朝も歯茎がしみず。

 台所でコーヒーを入れ再び階段を一段一段・・・。

 無事に部屋にたどり着き。

 いつものようにパソコンに向かい日記の書き込みを始める。

 今朝は肌寒く・・半袖では。

 昨日は日中だいぶ暖かい一日で。

 次男と買い物に・・帰り道整形外科へ。

 私を待つ間次男車の中で早めのお昼?・・朝ごはんのお弁当を。

 家に戻り・・お昼。

 午後・・洗面所の排水管を直しに設備屋さんが。

 その間愛犬は次男と二階に・・ずっと吠えまくって。

 排水管が短く洗濯機パンの排水のジャバラが外れて。

 新しく洗濯機パンのジャバラと交換。

 無事問題解決。

 夕方妻がパートから帰り。

 愛犬がお尻フリフリとしながら散歩。

 セクシー・・なお尻?。

 オスなのだけれど。

 長男から電話はこず。

 そんな一日が終わり。

 今日は5月26日木曜日。

県民防災の日(秋田県)

1983年5月26日に日本海中部地震が発生し、津波などにより104名の犠牲者を出したことから。 

「防災グッツ」の検索結果 – Yahoo!ショッピング
 
防災関連グッズ > 「防災グッズ」の検索結果

2003年 – 三陸南地震発生。 

1983年 – 日本海中部地震発生

1963年 – 横綱・大鵬が大相撲史上初の6場所連続優勝

599年(推古天皇7年4月27日) – 『日本書紀』に日本最古の地震の記録

総合病院精神医学のお勧め/名古屋大学大学院教授 尾崎紀夫

年間三万人を突破し続けている自殺者を減少させることは,国家的重要課題である.警察庁は,「平成二十一年中における自殺の概要資料」で,自殺の動機を細かく特定している.動機が特定出来た二万四千四百三十四人中,「身体の病気のことを悩んでいた」自殺者が,五千 …

勤務医のひろば/総合病院精神医学のお勧め/名古屋大学大学院教授 尾崎紀夫
http://www.med.or.jp/nichinews/n221020o.html

年間三万人を突破し続けている自殺者を減少させることは,国家的重要課題である.警察庁は,「平成二十一年中における自殺の概要資料」で,自殺の動機を細かく特定している.動機が特定出来た二万四千四百三十四人中,「身体の病気のことを悩んでいた」自殺者が,五千二百二十六 人(二一・四%)に上っている.アメリカのがん患者の自殺率は,一般人口と比較して肺五・七倍,胃四・七倍,口腔・咽頭三・七倍など,極めて高率である.
しかし,一般のみならず医療関係者のなかにも,「身体の調子が悪ければ,落ち込むのは当たり前」として,身体疾患患者の精神医学的問題が重視されない傾向を感じる.また,今でこそ,緩和ケア加算が保険点数化され,事情は変化しつつあるが,かつて「総合病院の精神科は不採算部門」として,切り捨てられた時期もあった.
身体疾患にうつ病等の精神疾患を合併する頻度は高く,精神疾患の合併は,身体疾患の予後(死亡率等)を悪化させる(Lancet, 二〇〇七).例えば,冠動脈疾患や心不全患者はうつ病を合併する頻度が高く,うつ病の合併が心関連イベントの再罹患率や死亡率に影響することが,欧米からは繰り返し報告されている一方,本邦の総合病院精神医学研究は乏しい.