一日の始まり

 09/08/30 今朝も0時前に眼が覚めてしまいそのまま布団から起き出る。

 いつものようにパソコンに向かいメールのチェックなどをしていると一階から物音・・・?足音が聞こえて来る。

 長男がまだ寝ていないのだろう。

 一時間ほどたってトイレに用を足しに。

 トイレを出ると居間が明るい・・長男が電気をつけたのだろう。

 部屋に戻りまたパソコンに向かっているとあくびが・・眠気がしてきたので布団に横になると一階の台所から「バタバタ・・」と音が・・今度は愛犬が身体がかゆくてか後ろ足で身体をかいているのだろう。

 ちょうど今の時期毛が抜けてくる時期のようで昨日私が身体をかいてあげたら気持ちよさそうにしていた。

 いつのまにかうとうととして夢心地で寝てしまった。

 3時過ぎにまた布団から起き出てパソコンに向かい日記を書き込み始める。

 ・・・と部屋の戸が開いた・・長男が部屋にやって来た。

 「まだ早いから寝ていなさい」というと「何時ならいいの?」と聞き返された「病院ではいつも6時ごろ起きるんだろう」と言うと今度は「6時までおなかがすいて待てないから5時にして」と言うので「5時なわかった5時」と言うと部屋を出て行った。

 寝ていないのじゃないか・・・。

?

 昨日は10時前に精神病院へ外泊のため長男を向かえに妻といつもの土曜日と同じに出かけた。

 病院へついて長男を連れ家に戻った。

 途中スーパーで買い物をしてから。

 家に戻り早めのお昼を食べお昼寝をしようと思ったがあくびも出て眠いのだが寝られなかった。

 そのうち長男が部屋に「タバコ頂戴」といつものように言いながら部屋にやって来た。

 タバコをあげると吸いはじめ・・吸い終わると部屋を出て行った。

 30分ほどたってまた長男が「タバコ頂戴」と。

 自分のタバコもあるのだが・・・。

 「まだ早いさっき吸ったばかりだろう」と言うと「わかった」と言って部屋を出て行った。

 それからも何度となく来て「タバコ頂戴」と・・は良いのだが・・「お母さんが○○いずみだった」とまたいつものように妄想?幻想?・・。

 妻を亡くなったZARDの坂井和泉と・・・。

 何度となく聞かされ・・・。

 私のことも「いつのまにかじいーになった」とか言い出した・・。

 夜夕食を食べいつものように妻に足をさすってもらう。

 横になっている私のそばに愛犬がふせをしていたので愛犬の身体をさすってあげたら気持ちよさそうにしていた。

 お返しのはなをぺろぺろと二度なめてきた。

?

 昨日は次男は一度も家に来ることなく電話もなかった。

 珍しい?・・。

?

 今日は次男はアルバイト。

 長男は病院へ戻る日。

?

 コーヒータイム・・今パソコンの時計は3時41分。