一日の始まり

 

 08/11/21 今朝は2時過ぎに目を覚ましそのまま起きた。

 

 ストーブのスイッチを入れると温度計が12℃。

 

 外はマイナスの世界なのだろう。

 

 4時ごろいつものようにコーヒーを入れパソコンに向かう。

 

 昨日レンタルサーバーをいじっていたらWordPressで書き込んでいたブログ二つの記事が消えてしまった。

 

 最悪の日だった。

 

 バックアップも大分前のしかなかったので今日から一から書き込みを始めることにした。

 

 昨日の朝から雪が降り出し一日中降っていた。

 

 一昨日までに次男にガソリンスタンドでタイヤ交換をしてもらっていたので助かった。

 

 仕事から帰り居間に行くと次男が夕食を食べながらテレビを見ていた。

 

 「ただいま」と言うと「お帰り」といつものように返事が返ってきた。

 

 いすに座り食事を始めると愛犬がいつものように私のひざに前足を上げえさをねだり始めた。

 

 昨日のおかずは愛犬が好きそうなものはないのだが。

 

 ジャッキーをちぎり少しあげて食事を始めるとまたえさをねだり始めた。

 

 またあげたが直ぐに食べてしまい今度は次男があげていた。

 

 食事を終え部屋に戻るとストーブがつけてあった。

 

 妻が言うには次男が部屋を暖めてくれていたのだそうだ。

 

 妻がいつものように足をさすりにやって来てさすり終えると下へ降りていった。

 

 私も下へ降りていくと愛犬はコタツの上で気持ちよさそうにして寝ていた。

 

 次男は「またラーメンを食べるか」と言って夕食を食べた後二杯目のラーメンを作って食べ始めた。

 

 しかし良く食べるおなかが満腹感がないと落ち着かないのだろう。

 

 今日は週最後の仕事で明日からまた三連休のようだが何処へ行くわけでもない。

 

 次男に「温泉でも行くか」と何度か言ったのだが行く気はしないようで家にいるほうが良いのだろう。

 

 小学生のときは家族で行かないときでも私に付き合って?くれ一緒に出かけた事もあった。

 

 明日は長男の外出の日で精神病院へ妻と向かえに行く事にしている。

 

 残りの二日間は次男と家電ショップでも行ってパソコンでも眺めてくるか。

一日の始まり

 

 08/02/24 今朝は2時ごろに一度目が覚めその後目がさえてしまい3時前には起きてしまった。

 

 昨日寝たのは11時近くだったのだが今日が休みだと思うと寝られないのか。

 

 外では朝から風が吹く音が聞こえてくる。

 

 外は家の中と違い寒そう。

 

 窓の外をカーテン越しにのぞくと今朝は高速道路を照らす外灯の明かりと

 

 走る車のライトが見えてくる。

 

 昨日は長男の外出と言うことで妻と二人で病院へ行った。

 

 病院へ着くといつものように受付で迎えに来たことをつたへ病棟へ向かった。

 

 病棟の入り口に着き壁についてベルのスイッチを押す。

 

 ドアのガラス窓から病棟の中を覗くと長男が見えた。

 

 こちらを見たので手を振ってあげると少し笑顔が見えた気がした。

 

 まもなく看護師さんがきて病棟のドアの鍵を開け私たちを向かいいれた。

 

 すぐに長男もやって来て後は看護師さんに挨拶をして連れて病棟を出た。

 

 玄関に着くと靴を履き替え外へ出て駐車場に止めてある愛車で家に向かった。

 

 家に着き玄関を開けるといつものように愛犬が吠えてやって来た。

 

 早めのお昼を食べると長男はいつものようにタバコをすいながらCDを聞いていた。

 

 Cdを聞くのは良いのだが音が家の外まで聞こえるくらい高くして聞いている。

 

 ヘッドホーンで聞くときも音が漏れるくらい高くして聞く。

 

 注意をするのだが言っていることを理解しないのか中々音を下げてくれない。

 

 次男にお昼を食べるように部屋の外から声をかけたが返事がなかった。

 

 12時近くなのにまだ寝ているのか。

 

 私はお昼を食べるといつものようにお昼寝をした。

 

 午後の長男はお風呂に入りまたCDを聞いていた。

 

 昨日の長男はこの前と大分違い「外泊」についてあまり言わなかった。

 

 3時半ごろになり病院へ長男を連れまた妻と一緒に出かけた。

 

 病院へ着き病棟へ向かいベルを押し看護師さんを待つ。

 

 まもなく看護師さんがやって来た。

 

 中へ長男と三人で入り看護師さんに「今日はこの前と違い落ち着いていた」

 

 と言うようなことを言い病棟を出病院を出て家に帰った。

 

 いつもなら病棟へ着くと「後何分あるから面会」と言うのだが

 

 何故か昨日はそんなことはなかった。

 

 妻と話したが「そういう時もある」と言っていた。

 

 いつもそうだと良いのだが・・・・・・。