一日の始まり

?

 09/04/05 今朝は2時前に布団から起き出る。

 前日3時間ほどしか熟睡していないので昨日は早めに布団にもぐりこむといつの間にか寝てしまったが夜中に寝て3時間もしないうちに目が覚め後はいつものようにうつらうつらの世界だった。

 いつものようにストーブをつけパソコンに向かいメールのチェックをする。

 今朝はそれほど寒くはないがやはり体の神経の痛みが出ないようにするため私にとってはストーブは必需品。

 でも昨日は朝方ストーブをつけ温まったはずだったが日中暖かかったが何故か体中の神経が痛んだ。

 次男も調子が具合が悪いと言っていた。

 この時期春になると暖かいのだが毎年やはり私も調子が悪くなる。

 長男も家に居たころは暖かい時期になると何故か余計様子がおかしくなった。

 病気と何か関係するものがあるのか・・・・。

 4時になりいつものようにコーヒーをいれパソコンに向かい日記を書き始める。

 昨日の朝次男は6時半ごろ起きてきて「今日は友達が休みだから遊びに行って来るかな」と言ってまもなく出かけた。

 出かけるとき次男の部屋から何かしら物音が聞こえ見るとパソコンを梱包していた。

 「どうしたんだパソコン」と聞くと「友達がパソコンでゲームをしたいと言っているので持っていく」と言い出かけた。

 私は8時ごろいつものように整形外科へ通院し帰ってきて10時ごろ妻と長男を精神病院へ向かえに出かけた。

 病院から長男を連れ出しこの前CDを買ってあげると言っていたので家に向かう途中CDショップへ立ち寄り中古のCDを買って家に戻った。

 いつもならZARDかGLAYの曲を買うのだが昨日はどうしたのかDO YOU DREAMS COME TRUEのCDを買っていた。

 家に着くと早速ドリカムのCDを聞いていた。

 後で妻が言うには曲を聴きながら涙ぐんでいたそうだ。

 私はお昼を食べお昼寝をしようとしたが夜寝られなかったはずだったが結局昼寝が出来なかった。

 13時前に次男が帰ってきた。

 帰ってくると私の部屋にやって来ていつものように横になっている私に抱きつき「パチョコンおったんどうしてパチョコンおったんのおなかは柔らかくて気持ち良いの」と言いながら私のおなかをさすっていた。

 困ったもので・・・。

 「パソコン持って帰ってきたのか」と聞くと「欲しいと言うのであげてきた」と言っていた。

 あげてきた?・・・更に聞いてみるとやはり新しいパソコンを買ったのであげてきたのだそうだ。

 あれほど「まだ買って半年ほどしかたっていないから」と言っていたのだが怒る気にもなれなかった。

 もう前の日に新しいパソコンを注文したらしい。

 そのうち長男も部屋にやってくると次男は私から離れテレビを見ていた。

 長男の前ではやはり見せられない恥ずかしいのだろう。

 長男は昨日は口が滑らかで「地下にいる・・・・」とまた妄想?語りを始めた。

 とても聞く気になれないので聞いているといらいらするのでテレビを見ながら「さあわからない」と上の空で返事をした。

 長男はおしゃべりが好きでまともな事を話すのならまだ良いのだが妄想語りばかり・・・・。

 15時半近くになり精神病院へ戻る時間になったので妻と長男を連れ戻った。

 戻る車の中で「5月外泊ね」と何度も言っていた。

 今日は妻は午前中から出かけるらしい。

 次男は16時からのアルバイトでいつものお昼の外食は「毎週外食はお金が続かないから」と次男に話をしてお弁当を買って食べることにした。

 もう5時になろうとしている。

 カーテン越しに窓の外をのぞくとまだ薄暗い・・・。

?

一日の始まり

?

 09/01/02 今朝は3時頃に何度目かの目が覚めそのまま起きた。

 夜寝て2時間もしないうちに目が覚めその後はうつらうつらとしながら寝ていた。

 実は夜薬を飲んで寝ていない。

 12月30日に母親の入所している老人ホームに行った後薬を取りに行くことにしていたのだが頭がボーっとしていたからかすっかり忘れてしまい思い出したのは夕方でもう病院がしまっていた時間だった。

 仕方なくその日の夜から飲む薬を一日一回朝だけ飲むことにし飲んでいるからだろう。

 やはり薬を飲んでいるいないでは違うようだ。

 3時過ぎにいつものようにコーヒーを入れパソコンに向かい日記を書く。

 先ほどコーヒーを入れに行ったとき長男が寝ていると思っていたのだが今4時になったばかりなのに長男が部屋へやってきた。

 「まだ早いから寝ていなさい」「病院では起床時間は6時半ごろにだろう」と言うと「はい」と言って部屋を出て行った。

 病院でもやはり今の時間ごろに起きる事もあるそうだ。

 昨日の朝6時前に次男が起きて来て「お父さんなんでディスクレコーダー買ってだめなの」「地上デジタルテレビは」「携帯のバケホウダイでも入らないとアルバイトに身が入らない」などと言ってきた。

 寝ても覚めても同じことを考えているのだろう。

 「バケホウダイはアルバイトを辞めた時は解約するんだぞ」と言ってそれで満足したのか早速インターネットで申し込んだようだ。

 それぐらいは・・・・楽しみが無いとアルバイトも続かないのなら・・・と思う。

 10時ごろ長男を向かえに精神病院へ妻と出かけた。

 ボーっとしていたのか受付に話をしないで病棟へ行くところだった。

 受付で「長男の外泊で向かえに来ました」と言い病棟へ向かった。

 病棟の鍵を看護師さんに開けてもらい長男を呼んでくれた。

 長男がやがてやって来たが「寝られない時の薬が無いんですか」と看護師さんに話をすると先生の許可が欲しかったようで少し待っていた。

 妻が長男に「家に行くときCDを買ってあげるから」と言っていたが中々看護師さんが薬を持ってこないのでイライラして来て「CDを買いにいかない」と怒り出した。

 私がなだめすかしていると看護師さんが薬を持ってきたのでもらい病棟病院を出た。

 車に乗りCDを買うためCDショップへ向かいながら長男が「CDを買いに行かない」とまた言い出したので「買ってあげると言うのだから」と言ってそのままCDショップに行った。

 Cdショップで新品のCDを買うのかと思ったら欲しい「ZARD」と「GLAY]の新曲が無いからか中古のCDを買った。

 家に帰り次男とお昼を食べいたらCDを聞いていた長男が次男に「この坂井泉水お母さんだぞ」と言い始めた。

 また妻と坂井泉水と混同して話し始めた。

 お昼を食べた後部屋へ戻っていると「お父さん坂井泉水生きていたんだね」と言いだした。

 「前の病院(今の病院)で坂井泉水が死んだってテレビで見たのにこのCD新しいんだね」とそのCDを見せられた。

 良く見ると発売されたのが08/04?になっていた。

 そのCDはシングルで多分良い曲をシングルで売ったのだろうと思い話をするが理解してくれない。

 後は部屋へ来ていつものように「お父さんタバコ」と何度もやって来た。

 今また長男が部屋へやって来た。

 「まだ寝ていなさい」と言うと「お父さんご飯作って」と言い出したので「まだ4時を過ぎたばかりだから」「お母さんは6時過ぎないと起きない」「病院では6時半ごろ起床なんだろう」と言うが「5時過ぎたら起こして」と言うので「6時過ぎてから」と言うと「わかったじゃ6時過ぎてからね」と言って部屋を出て行った。

 早く目が覚めたら黙ってCDでも聞いていればと思うのだが・・・。

 私自身イライラとしてくる。

 今日は16時までに精神病院へ連れ戻ることになっている。

 それまで・・・・・困った・・・。

 次男は12時半からのアルバイト。