障害を持つユーザが利用しやすいVRを考えるレポートが公開される


この調査には、世界中から79人の身体・精神障害を抱える人々が協力した。協力者の障害の種類は98にも及び、その中で頻繁に名前の挙がる疾患は難聴、関節炎、脊柱側弯症、脳性麻痺、自閉症、喘息、PSTDといったものだ。 この調査からは、障害を抱えるVRユーザが直面する問題やVRデベロッパーが考えるべき内容が ...