一日の始まり

06/12/11 今朝は一度、3時半ごろに目が覚めたが、また眠ってしまった。

結局5時ごろに起床。

何時ものようにコーヒーを入れに下へ降りる。

長男は寝ているように感じる。

コーヒーを炒れていると、急に部屋の戸が開き、私地に近づいて来て何時ものように、非現実的なことを言い出した。

私は黙ってコーヒーを炒れると、部屋へ戻った。

昨日は午前中雪が降ったりしていたが、午後には晴れてきた。

午後から妻が出かけると、愛犬も何時もなら下の部屋で待っているのだが、長男がいるせいか二階の部屋へ上がってきた。

夕方には妻も帰ってきた。

夕食を終えた後、長男が「近所の若者たち6人をよそへ行かせろ!」と又言い始めた。

私がいないときに、隣の息子が外へ出ているとき「出てけ!」と外へ出て行ったそうだ。

家の人だけじゃなく、隣近所の人に対してまでとは、困ったものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。