一日の始まり

08/01/25 今朝は3時頃に前に目が覚めそのまま起きた。

 布団から起き上がり暖房をつける。

 今朝も寒い。

 昨日は夜中から雪が降っていたようで、屋根も道路も真っ白な世界だった。

 日中も雪は止むことはなく、仕事から帰るときも降っていた。

 次男はいつものように6時前に起きて仕事に行く準備をしていたら、電話が来てこの雪では仕事にならないと言う事で、急に休みになった。

 次男は休みになったので喜んでいた。

 私はいつもの時間に仕事へ行く準備をし、外へ出た。

 外では妻が犬の散歩に行く前に雪かきをしていた。

 私は次男に貸していた車のエンジンをかけ、暖機運転をしながらボディーに積もった雪を降ろし出かけた。

 夕方仕事から帰ると、「ただいま」と言いながら居間に入ると「お帰り」と元気な声で次男が答えた。

 表情を見ると、仕事をして帰ってきたときと違い、明るい感じた。

 余程、休みになってうれしかったのだろう。

 夕食を食べ終わり、部屋へ戻っていると次男が入ってきて「お父さん、マルチディスプレーにしたいんだけれど」とパソコンのことを話していた。

 新しいパソコンを買ったほうがいいか、今のパソコンにメモリーを増設するか等と話をしていた。

 今の目標は「パソコンを買う」ことのようで、そのことを考えていると仕事をやめたいと考えることがないようだ。

 今日は長男の面会の日。

 妻が洗濯物を取りに行きながら面会をしてくる。

 果たして、明日は外出が出来る状態なのか・・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です