一日の始まり 2006/09/17

?

 06/09/17 連休2日目の朝、3時起床。外は雨、昨日は曇りで肌寒い日だった。

 長男は、ふだんよりおとなしく笑顔を絶やさなかった。

 体を揉まされるのはいつもと同じで私のほうが疲れた。

 寝るときはいつものように妻の布団に横になり寝たようだったが、夜中に「お父さんお母さんの体は死んだ。」とか訳もわからないことを何度も言っていたので、ほとんど寝させてもらえなかった。

 妻が我慢できなくなって注意をしたなら1階の自分の部屋へ行った。

 今は静かになり、妻はいびきをかきながら寝ている。コーヒーを煎れるために下へ降りてみると、長男はいびきをかきながらやっと寝ている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です