一日の始まり

?

 09/01/08 昨日はやはり疲れてかいつの間にか寝てしまい目を覚ましたらテレビがつけっぱなしだった。

 確か11時前だったような気がしたが。

 その後また寝て二度目は2時ごろで後はうつらうつらとしながら3時頃に布団から起き出た。

 布団から起き出てストーブをつけパソコンに向かいメールのチェックをする。

 中々ストーブが温まらないと考えると確か昨日の夜の天気予報では?6度と言っていたような気がする。

 このごろ日中は気温が上がらないが朝はさほど寒くはなかったのに。

 これから本格的に冷え込んでくるのだろう。

 4時いつものようにコーヒーを入れパソコンに向かい日記を書き始める。

 昨日は午後休暇を取り仕事場へ次男が車で向かえに来た。

 13時から次男がアルバイトでもう一台は妻が何処かへ出かけるため使っている。

 待っていた次男の車に乗り込み次男のアルバイト先に向かった。

 次男は眠そうで何度もあくびをしていた。

 「眠いのか」と聞くと「ああ?」とまたあくびをしながら運転をしていた。

 アルバイト先に近くなり信号が赤になったので次男が車を止めると思ったらそのまま走らせたので「おい赤だ」「赤だ」と何度か言ったがまったく聞こえていないようでそのまま直進。

 たまたま横断歩道の手押し信号機で誰も横断歩道を渡っていなかったので何事も起きなかった。

 薬の効き方が遅いのだろうか。

 私も以前睡眠薬を飲んで仕事をしていた時同じようなことがあった。

 睡眠薬が夜飲んでも効かなくて朝方に眠気が出てきた。

 それ以来睡眠薬は効かないと思い服用していない。

 無事次男の車でアルバイト先について車を私が運転して家に帰った。

 家では妻もまだ帰って来なく愛犬が今か今かとひたすら待っていた。

 夕方妻が帰って来て夕食を食べた後妻は次男の向かえに出かけた。

 妻が出かけて30分ほど立って次男と妻が帰ってきた。

 「お帰り」「今日は間違いが無かったか」と聞くと「5千円ぐらい多かった」「誰が間違ったかわからない」と言っていた。

 アルバイト先に向かうとき車の中で「今日は何かありそう」と言っていたがそのとおりになってしまった。

 次男が夕食を食べ初めて私が「明日診察を受けに行くんだろう」「診察券を」と次男に言ったら財布から取り出して渡した。

 アルバイト先に向かうとき車の中で「めんどうくせいな」と言っていた。

 「診察は二ヶ月に一回にして薬だけは毎月もらうようにしたら」と言ったら「薬をもらうのに待っているのが長くて嫌だ」と言っていた。

 そんなことを言ってもしょうがないのだが病院だけは通院して先生に良いと言われるまで薬を服用してもらいたい。

 何せ長男で失敗?した経験があるので。

 と言うことで今朝はいつものより早く次男の通院の受付にいつもより早く行かないと。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です