一日の始まり

?

 09/06/09 今朝はいつものように夜中に何度となく眼が覚め後はうつらうつらとしながら2時半過ぎに布団から起き出る。

 いつものようにパソコンに向かいメールのチェック等をする。

 今朝も肌寒い朝だ。

 窓を閉め長袖でいて調度。

 3時半過ぎ今日の最初のコーヒーをいれまたパソコンに向かい日記を書き始める。

 今日はいつもよりキーボードを打ち直すことが多い。

 脳からの伝達がうまくいかないのか。

 昨日は午前中妻がまた用事があると言って出かけた。

 愛犬はいつものようにひたすら伏せをし待っていた。

 次男は昨日は前の日にメールで「午前中でかけていない」と送っていたからか昨日は家にやって来なかった。

 お昼を食べ少しお昼寝をし後は前の日に撮ったビデオ鑑賞。

 17時前に長男が入院している精神病院へ妻と出かけた。

 昨日は医院長先生から面談をしたいと言われたから。

 病院について30分ほど待って診察室で先生と話し始めた。

 最初に先生から「入院したのは平成・・・」今年何年だっけ中々思い出せない・・。

 手帳を見てそうだ平成21年・・とやっと思い出した。

 「入院したのは平成18年で去年はこの状態では退院してもご家族が大変だと思いさらに入院・・・」と話し始めた。

 もう入院して3年と数日になる。

 話は退院に向けての話の気がしたので「退院した後また薬を飲まなくなったり病院に通院しなくなったりすることが心配」「前のように暴れたらもう私も年で力づくではつれて来れない」と言う退院後のことを話すと先生は「退院後は病院から様子をうかがうようにします」「力づくでは・・やはり本人から来るようにしないと」と言うようなことを言っていた。

 とにかく前歴が・・・・一度目の入院は宮城県の名取市熊野堂にある病院で入院3ヶ月通院9ヶ月ほどでせっかく状態が良くなり退院したのだがその後が・・・。

 退院後しばらくして「飲んだ」と嘘をついてゴミ箱に捨てて薬を飲まなくなってせっかく入院して良くなりかけたのがますます状態が悪くなってきてしまった。

 それで二度目の入院となったわけで二度目の入院してから退院後もやはり薬を飲まなくなり通院もしなくなってしまい三度目の入院となってしまった。

 その事が一番心配だったので先生に今までの入退院の経過を話した。

 それと長男が「ディーケアーに行かなくて良いと先生と看護師さんに言われた」と言うようなことも言っていた言うと「そんなことは絶対に言ってはいません」と言っていた。

 長男が自分に都合の良いように言っていたのはわかっていたが。

 これからのことを話し始めいづれ退院させることで「これから外泊を繰り返して行きましょう」と言うことになった。

 長男が言うように毎週は・・・二週間に一回から始め一泊二日から二泊三日と長く外泊をさせ様子を見ることになった。

 妻は「今年中に退院させたい」と言っていたが私はまず様子を見てからと思ったがその場では何も言わなかった。

 約30分ほど話病院を出て家に戻った。

 疲れた・・・。

 話好きではないので家に戻ると疲れ少し興奮してしまったのか中々寝付けなかった。

 仕事をしている時も人と話をすることが多い日は特に精神的に疲れてしまっていた。

 今日は私が通院の日。

 次男は8時からのアルバイトで6時に携帯を鳴らすことにしている。

「一日の始まり」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です