一日の始まり

 09/07/12 今朝もはよから眼が覚め0時過ぎに布団から起き出る。

 今朝も涼しい。

 日中暑く朝晩涼しいのですっかり風邪をひいてしまった。

 この数日のどが・・そして歯茎が・・・で頭の神経までが痛む。

 それと眼も。

 いつも風邪をひくと頭の神経まで痛んでくる。

 これは自律神経失調症にかかった時から・・と自己診断。

 いつものようにパソコンに向かいメールのチェックとブログを書き込む。

 その後しばらく布団に横になり眼をつぶるが眠れなくうつらうつらとし2時半ごろ起きだしまたパソコンに向かい日記を書き始める。

 昨日の朝6時に次男の携帯を鳴らすのをすっかり忘れ7時過ぎてから思い出しかけると三度ほど鳴って携帯が切れた。

 どうもこの頃忘れやすい。

 薬のせい?

 午前10時前妻と長男を向かえに精神病院へ出かけた。

 受付で入院費を払っている人を見て「ああそうだった10日すぎたから・・」と思い出した。

 何とか持ち合わせのお金があったのでそれで入院費と小遣いを払ってから長男を向かえに病棟へ・・。

 病棟から長男を連れ病院を出て家に帰った。

 家に帰ると愛犬が長男をお出迎えして顔をぺろぺろとなめていた。

 お昼を食べ部屋に居ると長男がいつものように「タバコ頂戴」と言ったので一本あげた。

 タバコを吸いながら「お父さん自律神経失調症だっけか」と聞いてきた。

 珍しい・・昔のことを思い出したのか?

 「うつ」と言うと「そうか」と言って部屋を出て行った。

 その後また部屋に来て私の側に座り手をバタバタとし始めた。

 また始まった・・。

 自分の手でないといつも言う。

 手が治ったのかその後部屋を出て行った。

 私も下へ降り居間に行くとケーキを買っていたのを思い出し長男に「食べるか」と聞いたら「食べない」といっていた。

 いつも食べるのに何でなのかなと思ったが後で妻が今年も入院してから三回目のの誕生日を病院で迎えてケーキを食べるのが嫌と言っていたらしい。

 それと昨日の長男はいつものように妄想的なことを話していた。

 手をバタバタと妄想的な話は何ともならないようだ・・・。

 15時半近くになり病院へ戻る時間になり妻と長男を連れ病院へ連れ戻った。

 病院から帰ってくると愛犬が玄関でお出迎え。

 私が一生懸命声をかけるが私には振り向かず妻のほうばかり見てほえていた。

 夜今日は次男が来なかったなと思っていつものように次男の携帯にメールをした。

 19時ごろ玄関のチャイムが鳴った。

 急いで階段を降り玄関の戸を開けるとそこに次男が立っていた。

 何でこんな時間に?・・。

 私が二階の上がると次男も後を追うようについて来た。

 布団に横になりテレビを見ている私の側に次男も横になり私のお腹を触ったりズボンを下げようとしたり・・。

 「今日飲み会なんだ」と次男が言った。

 「何時からだ」と聞くと「19時半から」と答えていた。

 「もう19時過ぎたぞ」と言うと「なに?19時過ぎたって」とあわてる様子も無くまた私のお腹を触ったりし部屋を出て行った。

 それから10分ほどたってから家を出て愛車コペンが走りだす音が聞こえてきた。

 何しに来たのか?・・・わからん・・・。

 今日の次男は16時からのアルバイト。

 今日も暑くなるのか・・・天気予報では確か月曜日から崩れ雨が降るそうだが・・。

?

「一日の始まり」への1件のフィードバック

  1. こんにちは、次男さん飲み会行きたくなかったんじゃないでしょうか?違ったらごめんなさい。
    次男さんバイト続いててすごいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です