一日の始まり

 09/11/24 今朝は0時前に一度目を覚まし二度目の1時ごろ布団から起き出す。
 いつものようにストーブをつけいつものようにパソコンに向かいメールのチェックなどを・・。
 隣の部屋から今朝も次男のいびきが・・今朝は静かないびき?
 
 3時半過ぎ今日の一杯目のコーヒーを入れ飲みながら日記の書き込みを・・。

 今朝も静かな・・外は雨が降っているような・・屋根に落ちる雨だれの音が・・。

 昨日も青空が広がり・・気持ちの良いお天気・・なはずなのだが・・。
 私には気持ちが良いと言う感情は起きない・・ただ青空が見える程度にしか・・。
 空は青空なのだが気温はあまり上がらなかったような・・寒い・。
 
 今日もお天気マークが天気予報では良さそうで10度を超えるところもあるような・・。

 昨日は妻がパートに出かけ・・10時ごろ買い物にと思いいびきをかいて寝ている次男を起こすが・・。
 返事はするが起きなかった。
 30分ほどたってまた声を何度もかけるよやっと起き出し買い物に・・。

 昨日は珍しく愛犬は私たちが出かけるときは吼えることはなかった・・。
 なぜ?・・いつもなら玄関まで走ってきて怒ったようにほえまくるのだが・・。

 買い物を終えいつものように?たい焼きを買い家に戻る。
 帰ると愛犬がいつものように吼えまくり玄関にお出迎え・・。

 お昼を食べ部屋でいつものようにパソコンとテレビとにらめっこ・・。

 次男がまた部屋にやって来て私の布団に横になり「あったかいな・・このふとん」と言いながらチャンネルを変え見始める。
 
 薄っぺらの布団でネットオークションで買ったのだが・・一応羽毛布団・・水鳥・・中国産・・。
 安い布団なのだが結構暖かい・・。

 夕方妻が帰ってくると愛犬と散歩に・・。
 それまで寂しそうにしていた愛犬も元気に・・?。

 それまで私にちょっかいを出し遊んでいた?次男も「おかあちゃんが帰ってきた」といいながら階段を降りて・・。

 夕食を食べ後はいつものように・・次男がまたやって来て私の布団を占領・・。

 私が次男を布団から追い出し横になると次男が私に抱きつき・・いつものように・・おなかを触ったり・・。

 こちらも応戦・・。

 それでも次男はしつこく・・・。

 これが結構疲れ・・。

 そのうち妻が足をさすりにやって来て私の足をさすり始めたがまた次男がしつこく・・。

 妻にも怒られるがひるまず・・。

 「こら幼稚園の年少組み」と怒る?がそれでも・・。

 とても25歳には見えない・・体は大人でもやることは・・。

 妻が足をさすり終えると次男も部屋を出て行った。

 私も布団から起き最初に階段を降りていくと・・階段の踏み段の下で愛犬がじっと階段の上を・・。

 妻が降りてくるのをひたすら待っていた・・。

 さて今日は銀行に行ってお金を下ろさないと・・。

 家計費が・・次男の分が大きい・・。

 一応障害者年金から入れてもらっているが・・3万円入れて欲しいのだが毎月の車のローンで3万円払っているのでしょうがなく「2万円・・光熱費はもらわないから」と言ったのだが一万5千円しか入れてくれない・・。

 光熱費が一人増えると・・・・・・。

 しょうがない・・・とあきらめ・・。

 今日は妻はパート・・。

介護うつ お姉ちゃん、なんで死んじゃったの 姉・清水由貴子のラストメッセージ [本]
価格: 1,470円 レビュー評価:0.00 レビュー数:0
【セブン-イレブンで24時間受取りOK・送料0円!】 著者/訳者名:清水良子/著 出版社名:ブックマン社 発行年月:2009年11月 関連キーワード:カイゴウツ オネエチヤン ナンデ シンジヤツタノ アネ シミズ ユキコ ノ ラスト メツセージ かいごうつ おねえちやん なんで しんじやつたの あね しみず ゆきこ の らすと めつせーじ、 シミズ,ヨシコ しみず,よしこ、 ブツクマンシヤ ブツクマンシヤ 7514 ぶつくまんしや ぶつくまんしや 7514 今年の春、亡くなったタレントの清水由貴子さんの妹・良子さんが語る死の真相。由貴子さんの遺した絵手紙の数々、遺書メールも初公開。
Webサービス by Yahoo! JAPAN

楽天

地元

当サイトは一部に楽天のイメージ、テキストリンクを使用しています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。