一日の始まり

06/11/04 今朝は4時頃に起き、いつものようにコーヒーを煎れに下へ降りて行くと、長男の部屋の戸の間から明かりが漏れていた。

いつものように電気は点けっぱなしのようだ。

まだ寝ているのか静かで物音一つ聞こえない。

歯磨きをしてやかんでお湯を沸かしていると、長男の咳をする声が聞こえた。

風邪をひいているのかこの頃咳をしている。

何せ寒くても半袖を着てたり、半袖でもストーブをつけている状態で暑さ寒さが感じられないのか、何時ものことです。

私は部屋へ戻りコーヒーを飲んでいると、長男がやって来て「揉んで!」と言ってきたので揉んであげると下へ降りて行きました。

昨日の日中は調子がいいのか何度となく外へ出たり入ったりしていました。

その後はいつものように「ああ、体が痛い!」と言って来て体を揉むように言ってきました。

薬が効いているのか粗暴なところが日々少なくなってきているようで、妻が言ったことに対して言い返すと言うようなことが少なくなり、「うん、うん。」とうなづいているようです。

ただ言われたことは理解していないのか直ぐ忘れるのか、実行されません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です