一日の始まり

?

 08/08/26 今朝目が覚めたのは3時45分ごろ。

 

 いつものようにコーヒーを入れパソコンに向かう。

 

 鼻がぐずぐずとしてくるので何度と無くかむがまた出てくる。

 

 カーテン越しに窓の外をのぞくとまだ真っ暗闇で高速道路を照らす外灯の明かりと時折走る車のライトが見える。

 

 昨日仕事から帰るころには止んだがほとんど一日中雨が降っていた。

 

 今日はまだ降ってはいない降ってくるのだろうか。

 

 昨日の朝5時半ごろ次男がアルバイトから帰ってきたので下へ降り「お帰り」と言うと「ただいま」と返事をして自分の部屋で着替えおなかがすいたのかインスタントラーメンをつくり食べ終わると私の部屋へ来て寝ようとした。

 

 なかなか寝られないようで「おとうさんおつり間違った」「間違ったお金払えと店の人に言われた」と言い始めたので良く聞いてみると「お客さんが千円だしたのを一万円札と間違い余計におつりを払ってしまった」と言うことのようだ。

 

 この前は確か何百円のレジの間違いがあったが今度は千円札と一万円札の間違いで九千いくらを自腹で払わないといけない事になったようだ。

 

 その事もあってかまた「辞めたい」「話が合わない同僚?がいるから」と言い出した。

 

 私はその事には「辞めてもいい」「辞めるな」とも言わないでただ黙って聞いていた。

 

 まだ一ヶ月すぎたばかりでここで辞めてしまったら・・・もう少し頑張ってくれればと思う。

 

 私の部屋で寝られないのか後は自分の部屋へ戻って行った。

 

 仕事から家に帰ると次男が夕食を食べていた。

 

 私も夕食を食べ終わり部屋へ戻っていると次男がやって来て「ああ眠い中途半端に起きてしまった」「店長さんにおつりを間違った事を報告するので3時頃に起きた」と言った。

 

 「店長さんは何て言っていた」と聞くと「またシフトを変えるから明日来なさい」と言われたようだ。

 

 次男は「シフトを変えられるか辞めさせられるかも」と言い自分の部屋へ戻っていった。

 

 昨日はお風呂も入らない7時前には寝てしまったようだ。

 

 やはり夜は難しい仕事時間のアンケートではいつでも良いと答えたらしいが今になって「週三日程度と書いてあったのに」と言っている事が話が合わない。

 

 求人票では確かに「週三日程度」と書いてあった。

 

 それに対してアンケートでは「いつでも良い」と答え今になって「週三日程度だったはずだ」と言ったりしている。

 

 頭の中が混乱しているのだろう。

 

 私はお風呂に入りいつものように妻に足をさすってもらう。

 

 洋画を見て11時ごろ寝ようとしたが中々寝られなかった。

 

 次男は今日はアルバイトになっているがシフトを変えられると言って休みになるかもしれないと自分勝手に想像していた。

 

 予定では夕方の5時から10時まで。

 

 私はいつものように仕事・・・・。

 

「一日の始まり」への1件のフィードバック

  1. はじめまして☆ あし@からトコトコやって参りましたRUBYと申します(^v^)
    BLOG読ませて頂きました☆小説のようなキレイでどことなく切なく、感慨深い文面だなぁ。。
    と思いました。。(*'(ェ)’*)
    文面の裏に、めくるめく まったりさん の思いとか、感情とか、願いとか。。。
    垣間見る事が出来ました。 『いつものようにコーヒーを入れパソコンに向かう』という
    切り替えしの表現も好きです。(^v^)

    軽率なつもりではないのですが。。。『頑張って下さい!』応援していますし、
    今後も記事の方、楽しみにしていますo((*'(ェ)’*))o

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。