一日の始まり

?

 09/01/25 今朝は2時ごろに目を覚まし2時半ごろに布団から起き出る。

 昨日から朝は寒くなりまた冬に戻った感じする。

 ストーブをつけパソコンに向かいメールのチェックをする。

 今朝は鼻水が出ないが少し喉が痛い?。

 4時ごろいつものようにコーヒーを入れパソコンに向かいいつものように日記を書き始める。

 昨日長男の外出と言うことで妻と精神病院へ長男を向かえに行った。

 病院から連れ出し家に戻ると愛犬が二週間ぶりに見る長男に一生懸命アプローチ?じゃれようとしていたが長男はその事が気づかなかったようで「ほら愛犬が目をペロペロと舐めたいようだぞ」と言うと始めて気づいたようで愛犬に顔を近づけた。

 愛犬は後ろ足で立ち長男の目を一生懸命に舐めていた。

 私たち家族にもだが他の犬はわからないが目の周りや鼻の穴を舐めたがる。

 挨拶のつもり?なのだろう。

 お昼を食べ妻が次男に買い物を頼んだので私も一緒に出かけた。

 買い物をしてから家電量販店に光フレッツのことで話を聞きに行った。

 先週の夜にある会社から私の住んでいる地域が3月2日からインターネットの光フレッツが開通すると言う電話だった。

 その会社の営業の担当者と40分ほど長々と話を聞いて(私が質問攻めをしたから)申し込むことにした。

 次の日に事務的な手続きでまた電話が来て色々と話を聞いていたら「無線ランの受信はカードタイプでしか出来ません」と言われ「私のは直接つないでいるが他のパソコンは無線ランでUSBタイプ」と言うと「それは保障できませんNTTに確認して見ます」と言われまた電話が来るのを待った。

 時間をおいてまた電話が来て「やはりUSBタイプはつなげません」と冷たい?返事だった。

 私はその話を信じないわけでもなかったが自分で確認したかったので「直接電話をして聞いて見ます」と言うと怒り始めて?「じゃ明日まだ電話します!今度は営業の担当者に!」と言われたのでNTTに直接電話をして聞いて見た。

 結果はやはり光フレッツ専用のNTTのルーターなのでそのルータに差し込む無線ラン用のカードは他のメーカーのUSBタイプの受信機には対応していないと言われた。

 ただ不思議なのは内臓タイプの受信機には対応していると言われた?。

 ではどのようにすればUSBタイプの受信機が使えるかと聞いたら「NTT専用のルーターに他の市販のルーターをつないでインターネットをその市販のルーターに送信用の無線カードを差し込めば出来ます」との事でその後NTTのルーターの会社にUSBタイプの受信機があるか調べてもらったら「ありましたUSBタイプが」と言われこれで一安心と思ったら「お客様のWindowsはどのタイプでしょうか」と聞かれた「Vistaです」と言うと「ああ残念ですね2000であれば」と言われた。

 「しょうがないですわかりました」「でも今は結構USBタイプで使っているパソコンが多い気がするのに時代にそぐわないですね」と言って電話を切った。

 まずはしょうがないと思い次の日に電話が来るのを待っていた。

 ところが「あまりしつこい客だから」とでも思ったのか電話が二日三日たっても来なかったので家電量販店に言って相談をして申し込みをしてきた。

 やはり家電量販店でもNTTと同じ事を言っていたがただ内臓タイプの無線ランはNTTの担当者と違い「出来ません」と言っていた。

 私もメーカーが違うのにおかしいと思っていたのだが・・・・。

 いづれなんともならないので新たにルータを買ってつなぐことで申し込みをしてきた。

 途中でケーキを買い家に戻った。

 家に戻ると長男が「ザードはお母さんだったんだね若いころお母さんは歌を歌っていた」とまた妄想が始まっていた。

 それと「この前何で外出だめだったの」と言い始めた。

 「病院で風邪が流行っていたから外出をして他の人にうつしたりうつってきたりしては大変だから」と説明をしたが理解してもらえなかった。

 病院でも看護師さんに説明をしてもらったはずなのだが・・・・・話が通じない理解してもらえない・・・・。

 次男はまた「お父さんパソコン買って良い」と何度も側に来て後ろから抱きついてきた。

 妻にも同じ事をしたらしく「スキンシップスキンシップ」と言いながら・・・・・。

 やはり心はまだ大人になれない?子供に戻ってしまったのだろうか・・・。

 15時半ごろ次男を連れ妻と精神病院へ戻った。

 看護師さんに「どうでしたか?」といつものように聞かれ「いつものとおり妄想が・・・」まだ被害妄想で無いから良いが・・・。

 看護師さんが長男に「どうだった」と聞くと「うんちゃんと薬も飲んだし布団もあげて掃除もしてきた」と言っていた。

 掃除と言っても自分の居た周りだけ。

 「この前何で外出出来なかったと何度も聞かれました」と言うと看護師さんが「ちゃんと言ったろう」と私が言った事と同じ事を長男に話をしていたが長男がただうなづくだけで話を理解していないようだった。

 「来週は外泊ね」と次男が言うと看護師さんは「まだまだ外泊は」「毎週外出出来るだけでもお父さんとお母さんに感謝しないと」と言われてうなづいていたが多分納得はしていないだろう。

 「じゃあお父さん来週も外出ね」と長男が言うので「ああ調子がよければお父さんとお母さんが都合がよければ」と言い看護師さんに挨拶をして帰った。

 家に戻ると次男はもう17時からのアルバイトに出かけて居なかった。

 夜うとうとと寝てしまい目を覚ますと21時半ごろだった。

 次男が帰ってきた時間だと思い起きて下へ降りていくと次男がアルバイト先からもらって来た期限切れのお弁当を食べていた。

 「おおお前起きていたか」「ほらどれを食べる」と大きな声で言いながらもらって来たお弁当を差し出した。

 このごろ「俺は働いている」と自身を持ちすぎ?てかアルバイトから帰ってくると「お父さん」と言わないで「お前」と言うようになった。

 あまりいい傾向?では無いような気がする。

 まあそれでもアルバイトを続けてくれれば良いか・・・・。

 「お父さんもう寝るってか」「パソコンのことを話したいのに」と言っていた。

 「携帯が欲しい」と言って携帯を買い「パソコンは買うのは止めた」と言ったと思えばまた買いたいと言う何ともころころと気持ちが変わる。

 朝昼晩夜日々話が変わる?・・・・・。

 働いてお金が入るから気持ちが大きくなりすぎているのか。

 今まで働けなかった?から買いたいと思っていたものも買えなかったから今その反動?がきたのか・・・・。

 今日は次男とまたお昼を食べに行くことにしている。

 少し楽しみにしているようで「今度はパラパラとしたチャーハンを食べたい」と言っていた。

 次男は今日も17時からのアルバイト。 

 

「一日の始まり」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です