一日の始まり

 09/09/04 今朝も0時過ぎにパッと眼が覚めそのまま布団から起き出る。

 窓を閉めているのだが窓の隙間から冷たい?空気が・・半袖でいると腕が寒く感じる。

 外からは虫の鳴く声が聞こえが・・・朝晩涼しい・・。

 日に日に本格的な秋に近づいている。

 いつものようにパソコンに向かいメールのチェックなどをする。

 2時半ごろから日記の書き込みを始める。

 昨日は午前中妻が出かけ11時前からうとうととし寝てしまった。

 12時過ぎ眼が覚め下へ降りていくと妻が帰って来ていた。

 妻が買ってきたピザをお昼代わりに食べ部屋に戻っていると・・やって来ました。

 13時過ぎ次男が家に・・・台風が・・・。

 「今日はアルバイトに行くんだろう」と聞くと「いかない・・行く気がしなくなった」とまた言い出した。

 「借金生活をするかな」「生活保護を受ける生活でも・・年金生活を・・」「自己破産をするかな・・」等と言っていた。

 「店長にオーナーに電話をする」と言って携帯から電話をし始めた。

 「おなかの調子が悪く・・」「大丈夫かインフルエンザにかかったのじゃないか」と店長が心配するような声が携帯から聞こえてきた。

 「いやインフルエンザじゃないと・・普通の風邪といわれました」と話していたら「じゃ少し・・一週間ぐらい休んだら」と言われていた。

 次男は「いやそんなに休まなくても大丈夫だと思います」と返事をしていた。

 やめる気でいたわりには・・・?

 「こちらからかけなおすから」と言われ携帯を切った。

 少したって店長から携帯に電話があり次男が出て話し始めた。

 「どうだ今度の日曜日まで休んだら・・・」と言われていた。

 次男は「ご迷惑をかけすいません」と携帯をかけながら頭をペコリと・・。

 やはりおかしい?・・あんなに辞めると言っていたのに・・話すことが・・?

 店長が「今度から休みを日曜ににしてくれると話していた」と・・。

 私は携帯でのやり取りを耳をすませ聞いていたが・・・?

 「薬が無い・・風邪薬を買わないと」と私が言うと次男は「買いに行こう」と先ほどと様子が違い・・?

 自分の存在感でも確かめていたのだろうか・・・。

 一緒にドラックストアに行き「アイスは」と次男に言うとアイスを私の買い物籠に入れていた。

 買い物を終えレジで精算をしていたら・・・?・・・何か忘れている・・と思っていたら風邪薬を買いに着たのに肝心なものを買っていなかった。

 あわてて風邪薬を取りに・・その時次男は声を出し笑っていた。

 風邪薬も買い家に戻った。

 次男は買ってきたアイスとポテトチップと缶コーヒーを飲んで「おなかいっぱいになった」「帰る」と言って帰って行った。

 次男が帰るといつもの静けさに・・・我が家の台風はあっという間に過ぎ去っていった。

 

 今日は次男は休み・・おなかの調子が悪いと言っているわりには・・。

 今パソコンの時計は3時になろうとしている・・・。

 いつものようにコーヒーを入れ飲もう・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です